口周りの黒ずみクリームを実際に使って美白

 

できてしまうと困るのが口周りの黒ずみです。

 

メイクで隠すのは難しくコンシーラーを使っても、昼頃には乾燥をしたりひび割れしてしまったりします。
でもどうにかしないとひげのように見えてしまったり、何かが付いてるように見られてしまいます。

 

なにより顔の表情が暗くなってしまい、不機嫌な表情に見られたりするんですよね。

 

そのため、口周りの黒ずみは原因を解消して、美白をしていく人は非常に多いです。
ただ、安易にクリームを使ったりすることで上手く効果があらわれず失敗をしてしまうことも同じく多いです。

 

それは、きちんと原因が分かっていないので、使うクリームを口コミに惑わされて間違ったりと、正しいケアができていないからです。
この記事では私が実際に使った口周りの黒ずみクリームに加えて、原因から正しい美白ケアの仕方が分かるようになっています。

 

一生マスクやメイクで隠し続けるのではなく、根本的に口の周辺の黒ずみを美白したいって人はご覧ください。

 

口周りの黒ずみクリームランキング

 

私が今までに使った口回りの黒ずみクリームをランキングにしました。

 

どんな黒ずみクリームを使えば良いか分からないって人は参考にして頂ければと思います。
また、それぞれは全身に使えるようにもなっています。

 

そのため、他にもバストや陰部など黒くて気になる部分がある人は一緒にケアをするのがおすすめです。

 

ハーバルラビット

ハーバルラビットクリーム

過去には効果がすぐに実感できる商品NO.1にも選ばれているのが「ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム」です。

 

様々な雑誌だけでなく、TVで紹介がされていたりもするので、聞いたことがあるって人も多いのではないかと思います。
もともとは陰部やデリケートな部分の黒ずみの美白に人気がありました。

 

口周りにも使えるようになっており、効果があったと評判が良いクリームです。

 

有効成分の水溶性のプラセンタが配合されており、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの4種類の美白・潤い成分が配合されています。

 

定価 7,000円
キャンペーン中の価格 4,250円(送料無料)
支払い方法 コンビニ後払い・クレジットカード

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

 

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリー

黒ずみクリームでも口周りだけでなく、バストトップに得に人気なのが「ホワイトラグジュアリープレミアム」です。

 

ホワイトラグジュアリーは医学雑誌などや様々な雑誌でも掲載がされ、評判が良いことで知られます。

 

私が使った時はプッシュ式だったのですが、容量が少なくなってくると上手く出づらいのが、使っていてデメリットとして感じていました。しかし、今ではパッケージのデザインも変更がされているので、より使いやすくなっているみたいです。

 

口周りだけでなく乳首などの黒ずみも気になるって人であれば、特にホワイトラグジュアリーはおすすめすることができます。

 

定価 9,980円
キャンペーン中の価格 5,980円(送料無料)
支払い方法 コンビニ後払い・クレジットカード

 

イビサクリーム

イビサクリーム

イビサクリームは肌に優しいにこだわって作られた黒ずみクリームです。

 

そのため、口周りだけでなく、デリケートゾーンの黒ずみを美白したいって人にも人気があります。特に敏感肌の人の評判が良く、乾燥がひどい人におすすめすることができるクリームです。

 

もともとブラジリアンワックス脱毛を専門的に行うサロン「ibiza」監修のもとで作られており、様々なメディアでも掲載がされています。

 

口周りだけでなく陰部の黒ずみも気になるって人や敏感肌で肌に優しいのを使いたいって人はイビサクリームは特におすすめすることができます。

 

定価 7,000円
キャンペーン中の価格 5,950円(送料無料)
支払い方法 後払い・クレジットカード

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

口周りの黒ずみクリームは薬局やドラッグストアで市販されてる?

 

口周りの黒ずみ用のクリームは薬局やドラッグストアで市販されているのはほとんど見かけません。

 

但し、顔用の美白化粧品や保湿クリームを代用することはできます。
定番の安い市販のクリームと言えば2つあります。

 

  • ニベアクリーム
  • ワセリンクリーム

 

どの薬局やマツキヨのようなドラッグストアでも必ずと言って良いほど取り扱いがされています。
但し、すでに黒ずみが長期間できている人であれば、美白成分が配合がされていないのでおすすめすることはできません。

 

その理由はこの後の効果で説明をしますが、紫外線の強い夏場だけ一時的に黒ずみができることがある人であれば、安いし薬局で市販されて購入もしやすいので、おすすめすることができます。

 

 

口周りの黒ずみクリームの効果

 

口回りの黒ずみクリームの効果は保湿と美白の2つです。

 

口周りに限らず皮膚はターンオーバーの周期で1ヶ月から3ヶ月かけて、古い皮膚を排出し新しい細胞を作りだしています。
そのため、メラニンが色素沈着をしても、古い皮膚と一緒に排出がされていきます。

 

ただ、日焼けのような一時的な原因ではなく、継続的に刺激を与えていれば新しく色素沈着をしてしまいます。
特に口周りの黒ずみは乾燥をした状態による、刺激が原因になりやすいです。

 

だからこそ美白成分によってメラニンの生成を抑制することが大切となっています。

 

そのため、口周りの黒ずみクリームは保湿と美白の効果が期待できるように成分が配合されています。
また、他の化粧品よりもできるだけ低刺激になるように考えて成分が配合されているのが多いです。

 

黒ずみクリーム口コミからも分かる3ヶ月は続けた方が良い理由

 

口周りの黒ずみを美白をするのに即効性のある方法はありません。

 

ターンオーバーの周期が1ヶ月から3ヶ月の期間がかかるから、少しケアをしただけでどうにかなる訳ではないのですね。。
この皮膚の生まれ変わりの周期は加齢など、肌の老化などが原因によって遅れてきてしまいます。

 

そのため、口周りの黒ずみに悩まされている人は最低でも3ヶ月はケアを続けるつもりでいるようにしましょう。
この点は私が個人的におすすめのクリームである「ハーバルラビット」の口コミを見て頂けると分かりやすいです。

 

販売ページには利用者の口コミが掲載されていますが、満足をしている人は購入回数が2回や3回になっています。
一方で1回しか利用していない人だと効果を感じれなかったと悪い口コミが書かれていることもあります。

 

ターンオーバーの周期やクリームの口コミからも分かるように、3ヶ月ぐらいは使い続けるつもりでケアをしましょう。

 

口周りの黒ずみの原因

 

口周りに黒ずみができる原因は4種類あります。
下記のことによって、与えられた刺激が原因となります。

 

  • 紫外線
  • ひげそり
  • 乾燥
  • メイクの残留

 

皮膚へ刺激が加えられるとメラニンが肌を守る為に、過剰に生成がされ分泌がされます。
このメラニンは色素を持っているので皮膚に付着をすることで、色を黒くしてしまいます。

 

代表的な紫外線による肌へのダメージですが、口周りはひげそりやカミソリなどの毛の処理が関係をすることが多いです。
これらの原因に加えて肌が乾燥をしていると、黒ずみができやすくなっています。

 

口周りの乾燥が黒ずみの原因となる

 

肌が乾燥をすると弾力やハリが失われるだけではなく、バリア機能が低下をしてしまいます。

 

潤いのある肌は保湿剤の膜によって、水分が蒸発をするのを防ぎ、外的刺激からも守る役割をしています。
しかし、口周りが乾燥をしていれば、バリア機能が損なわれているので、刺激を和らげることができません。

 

そのため、角質層にあるメラノサイトでメラニンが過剰に分泌されることで、黒ずみができる原因となってしまうのですね。

 

黒ずみは乳首・陰部・口・脇と様々な部位に誰しもできる可能性がありますが、この乾燥をしているかは特に重要な要素となっています。

 

メイクの残留も黒ずんでしまう原因になる

 

メイク用の化粧品の中でも口紅は油分が多いです。

 

油分は紫外線を浴びることで酸化をしてしまい、黒ずみの原因となることがあります。
また、付着性が強く落ちにくいファンデーションを使っていると、上手く洗い流せず残留して残ってしまったりすることがあります。

 

その油分が酸化をしていることもあるのですね。
なにより、その状態が続くことで口周りが乾燥をしてバリア機能が低下をしたりと、更に悪い方向へと進んでしまうこともあります。

 

口が乾燥をしやすかったり、油分が多い感じがするなど、心当たりがある人は口紅やファンデーションを変えてみるようにしましょう。

 

口周りの黒ずみを美白を成功させるケア

 

口周りの黒ずみの美白に成功させるには、クリームをただ塗るだけはおすすめしません。
原因となる要因を解消するようにしてください。

 

黒ずみクリームを塗って美白ケアをしていれば、全ての人が効き目を感じれるような、万能な物ではありません。

 

  • 毛の処理は雑に行うのではなく優しく行う
  • 油分の多い化粧品は控える
  • 紫外線対策を行う
  • 外出時に乾燥を感じたらリップクリームで保湿する

 

これらの口周りの黒ずみの原因を解消して、保湿成分と美白成分が配合されてクリームでケアを継続していくことが効果を高めることができます。

 

厚生省が認めている有効美白成分が配合されていて申請してるのは、化粧品ではなく医薬部外品となっています。
黒ずみクリームを使う時は医薬部外品となっているのかを確認するようにしてください。

 

その上ですでに黒ずんでいる人はバリア機能が低下をしていることもあるので、肌に優しい成分で作られたのを利用してください。

 

化粧品の効果や効能などは「化粧品・医薬部外品等ホームページ |厚生労働省」で確認することができます。

 

ピーリングはおすすめしない理由

 

口周りの黒ずみにピーリングをすることはあまりおすすめしません。

 

最近ではホームピーリング剤も販売がされて、エステでなくても自宅で行うことができるようになりました。
効果は角質を排出することなので、黒ずみにはベストな選択なようにも見えます。

 

しかし、デメリットとしては肌への負担が強く刺激があることです。
もともと口周りが黒ずんでいる人は乾燥をしてバリア機能が低下をしている人も多いです。

 

逆に黒ずみの原因を与えてしまうことにもなるので、口周りの黒ずみにピーリングをすることはおすすめできないのですね。

 

口周りの黒ずみに即効性のある方法

 

口周りの黒ずみを解消するのに即効性のある方法としては隠す以外にしかありません。

 

メイクで隠すよりはコンシーラーを使った方が上手くいきやすいです。
ただ、デメリットとしては長時間を保つことは難しい点にあります。

 

人との会話をしたり表情の変化など、口の周辺は頻繁に動きがあったりします。
そのため、ひび割れたような感じになったりしますし、なにより乾燥をしたりもします。

 

どうしても彼氏とのデートや特別な用事があるなどの日であれば、コンシーラーが即効性のある方法と言えます。

 

きちんと美白ケアをしていくのが大切

 

あくまで隠すのは一時しのぎにしかならず、きちんと美白ケアをしていくことが大切です。

 

原因を解消できないままでいれば、メラニンも蓄積されどんどん黒ずんでいってしまいます。
なにより皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーも角質層にある表皮までで、更に奥の真皮は行われていません。

 

表皮の部分を美白ケアをして整えれば多少は目立たなくはなります。
ただ、真皮までメラニンが付着をしてしまえば、その部分はいくら保湿や美白をしてもどうしようもなくなってしまいます。

 

一時しのぎにとメイクを厚塗りしたりやコンシーラーを使うのは良いですが、決して肌に良い訳ではありません。
口周りの黒ずみを解消したいのであれば、きちんと美白ケアをしていくのようにしましょう。

 

人気の黒ずみクリーム「ハーバルラビットクリーム」の詳細へ

トップへ戻る